斬新な求人情報 -SNS- 発信!

新たな新天地を求めて、どこよりも良い好条件で就職先を探すのに、人それぞれ多種多様とその方法はあると思います。できれば時間、労力を使わずに見つけられればいいですよね?

一昔前の流れだと、募集している会社を探し、履歴書を何枚も何枚も書き、面接を受けて、結果を待ち、結果を待つ間にまた会社を探し、面接を受け・・・の繰り返しだったでしょう。
バブル絶頂の時期は、面接に行くだけで交通費がもらえるという会社もあったそうです。
そんな夢のような時代もあったんですね。

バブルの頃は夢のような時代でしたが、今は今で、ネットの普及というもので夢のような時代を送っている方も少なくはないんでしょうか?

そこにきて、SNS(ソーシャルネットワークサービス)の普及率は目まぐるしいものがあります。

今の大学生の就職活動には会社説明会に着ていくスーツの次に、必需品となってるんではないでしょうか?
行きたい会社に自分の大学のOBがいれば、Facebookを通じて色々と情報を得たり、それこそコネクションで系列の会社を紹介してもらったりなどしている大学生が多いみたいです。
もちろん、それこそ面識のないOBにも、大学の後輩だということでFacebookを使い、連絡を取って情報を得てるみたいです。
これを応用すると、同校の大学という以外でも、何かしらの共通点(高校、出身地、共通の友人、共通の趣味、コミュニティetc・・・)を見つけてメッセージを送り、少しでも理想の就職先をさがせるかもしれませんね?

あくまでも今のは妄想に近いお話ですが、Facebook、Twitterを使って、単純に情報を得るというのは簡単にできることです。(これぐらいにことは誰でもしていることでしょうが・・・)

これも私の完全な妄想話ですが、面接を受けに来た人のFacebookの記事や、Twitterの投稿などを見て、うちの会社にふさわしい人材なのかを見ている人事の方がいるかもしれません。
興味のひく記事、文面を見ての常識性、発想力、将来性諸々を見て採用、不採用を決めることをしててもおかしくないと思うのです。

ここまで色々と書きましたが、SNSを利用して就職を探すのも一つの手段としてあるはずなんですが、SNSを利用してたことにより、思いもよらないことが起きかねないということを十分にわかってほしいと思います。

SNSを使って斬新な就職探しもあれば、SNSを使ってたことにより斬新な入社の仕方もあるということです。

SNSに限らず、使えるものは使う、拾えるものは拾って、就職探しをしてほしいものです。SNSはあくまでも、その一つだと思ってもらえればいいと思います。

いいねしたサイト

MDM MoDeMは機能とコストのバランスがいい
導入している企業が機能面・コスト面においてどちらもいいパフォーマンスだから選ばれる

SMSサービスの役割とは
SMSの可能性を追求するシステム!メディアSMS

GPSレンタルで格安タイプが希望なら
性能よりも価格を重視したレンタルプランも用意

SEO対策|株式会社ディーボの最新SEOブログ!
最新のSEO情報、上位表示するためのテクニックを毎日配信しています。

書類作成もお任せで楽々な大阪の会社設立
頼りになる税理士ベンチャーサポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です